he is looking telephone

悪徳業者もある

man using laptop

クレジット現金化業者の多くが雑誌広告やネットのバナー広告を出していますが、まだ一般的なものではありません。そのため、クレジット現金化のシステムを詳しく知らない方は多いことでしょう。実はクレジットカード現金化業者の中には、利用者を騙そうとする悪徳業者も存在しているのです。それでは、具体的にどういった手口を行っているのでしょうか。代表的なものですと、数十万円単位の高額な現金化をしたにも関わらず一切現金を振り込まない、というものがあります。この謳い文句は「今なら10万円以上の現金化でしたら5%換金率をアップしますよ」などです。現金が必要な方にとってこれは甘いエサですので、騙される方が後を絶ちません。

悪徳なクレジット現金化業者の手口はほかにもあります。ホームページ上で80%の換金率を謳っておきながら、10万円のクレジット現金化をしても5万円しか振り込まれないことがあるのです。本来であれば8万円振り込まれなければなりませんので、3万円少なくなっています。この3万円とはどういったものなのでしょうか。これは手数料と呼ばれるもので、本来支払う必要はありません。しかし、悪徳業者ですと3万円をピンハネしているのです。そして、ここで納得出来ずにキャンセルしようとすると、さらにキャンセル料が請求されます。そのため、泣き寝入りするしか無いのです。そのため、現金化をする前に手数料とキャンセル料のことを確認しておきましょう。

ページのトップへ戻る